生姜の効果的な食べ方は?

生姜を頻繁に食べているという人でも、その利用法はすりおろしたり絞ったり、炒めたりというくらいではないでしょうか。実は、生姜には、食べ方によって効果が変わってくるという特徴があるのです。

 

ジンゲロールの作用

 

生の生姜に含まれる成分として多いのが、ジンゲロールとショウガオールです。ジンゲロールにもショウガオールにも、食べると血管を拡張させて血の巡りをよくしてくれる働きがあります。

 

これが、生姜を食べると体が温まってくる秘密です。ただし、これだけでは、生姜の作用を十分に発揮させたとはいえません。

 

なぜなら、ジンゲロールによって温まったように思える体は、末端を温めるために奥深くにある熱を押し出し、中心部はそのために冷えてしまうからです。これを解消してくれるのが、ショウガオールの力です。

 

加熱した生姜の作用

 

生姜を加熱すると、ジンゲロールがショウガオールに変わります。すると、ショウガオールの作用は数百倍に倍増し、強力になるのです。

 

ショウガオールがジンゲロールと異なる点は、胃壁にダイレクトに刺激を与えるというところ。これにより体の芯から温めることができ、より効果的な働きをしてくれるのです。

 

加熱してから乾燥させるとさらに効果が高まるのですが、一般家庭では難しそうと思うかもしれません。乾燥生姜は、スライスした生姜を室内でそのまま乾燥させたり、天日干しにすることで簡単に作れます。これを使って温かいドリンクを飲んだり、調理に使うと、今までよりも健康になれますよ。