生姜の効果と副作用

生姜(ショウガ)はショウガ科ショウガ属の根菜類のことをいいます。

 

辛味があるのが特徴であり、生食用として、料理用として、香辛料用、生薬用としてなど、さまざまな用途があります。

 

この生姜には体に複数の効果を期待することができますが、反対に副作用があるという指摘もされています。

 

生姜の効果

 

生姜の効果としては、冷え性改善、血行促進、免疫力アップ、風邪の初期症状緩和、吐き気緩和、消化・吸収力アップ、消臭作用、殺菌作用、コレステロール低下、便秘改善、むくみ防止、鎮痛作用などいろいろ挙げることができます。

 

健康・美容の維持増進に役立てるには非常に優秀な食材といえるでしょう。

 

目安の摂取量に関しては、1日あたり10gが良いといわれていますので、参考にしてこの量を摂ることができるようにしましょう。

 

なお、生姜を食材のまま使用するのも良いですが、あまり味が好きではないという人は有効成分が濃縮された生姜サプリメントを摂る方法もあります。

 

生姜の副作用

 

基本的に生姜は食材ですし、サプリメントも健康食品のため取り立てて副作用があるわけではありません。

 

しかしながら、胃腸が弱い人の場合には、生姜の刺激が体に強過ぎるために副作用を引き起こす可能性があるのです。

 

具体的にどういった副作用があるのかといいますと、胃もたれ、胃痛といった胃腸症状が起こると指摘されています。

 

胃腸が弱い人の場合、生姜が体質に合わないと判断することができるでしょう。